Blue Black Check

陶器収集をボチボチと。読書と写真とゲームが趣味。海外ドラマ「HANNIBAL」「SHERLOCK」「BONES」が好き

『薬指にこめた祈り』ベティ・ニールズ (Kindle)

【ネタバレあり】

 

う〜ん、想像してたより面白くなかったかな。ハーレクイン用語でいうところのヒーローが自分が幸せになることしか考えてない気がした。

ヒロイン(ハーレクインの女性主人公)が欲しかったのはお金より変わらぬ強い愛であり、信頼であったはず。

貧しい患者にまで細かい配慮をし、自費で短い残りの人生を心穏やかに過ごさせる事ができるのなら、妻であるヒロインには、もっと深い愛情を示したほうがお互いの為だったはず。

妻に出て行かれたあとの言い訳もだって君が愛情を示してくれなかったから…というのもおかしい話だし。だってなにか核心に迫ることを言うと不機嫌になる人にどう接すればいいのか?

元カノである相談女の事を、ただ相談に乗ってただけだ〜と寝ぼけてるし。

失恋の痛みで40歳まで独身だった…訳ではなく、恋愛に不器用なつまらないヒーローなのではないかという疑惑が残った。